• KYODO

  • SHARE

内閣府は24日、今後5年間の女性政策をまとめた「第5次男女共同参画基本計画」策定に向け、職種別の女性の登用目標案を有識者会議で提示した。特に遅れが指摘されている政治分野では、国会議員の候補者に占める女性の割合を2025年までに35%とすることを掲げた。有識者の意見を踏まえ、12月に閣議決定する。

20年度までの現計画で設定した、国会議員候補者や公務員、民間企業の管理職などの個別目標を更新する内容。国政選挙での女性候補者の割合は、衆院は17.8%(17年)、参院は28.1%(19年)にとどまっており、目標を設定することで増加を目指す。

In a time of both misinformation and too much information, quality journalism is more crucial than ever.
By subscribing, you can help us get the story right.

SUBSCRIBE NOW

PHOTO GALLERY (CLICK TO ENLARGE)