The Japan Times 120周年記念企画展 講演会第1弾
「メディアのマーケティング戦略と課題について考える~新聞からデジタルまで」10月29日開催

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤丈晴)はニュースパーク(日本新聞博物館)と共催で、10月7日から12月24日まで「英字新聞が伝えた『日本』ージャパンタイムズ120年のあゆみ」と題した記念企画展を開催します。会期中は関連企画として、広告・英語教育・英字新聞史など、各分野のスペシャリストによる講演会を計4回予定しています。

1898 年4 ⽉8 ⽇付
1898 年4 ⽉8 ⽇付

講演会シリーズの第1弾は「メディアのマーケティング戦略と課題について考える~新聞からデジタルまで」と題し、The Japan Times創刊当時から広告を掲載し、グローバル戦略を図ってきた花王株式会社とデジタルコンテンツマーケティング分野で功績を上げている日本アイ・ビー・エム株式会社の担当責任者によるパネルディスカッションを開催します。

【実施概要】
<日時> 2017年10月29日(日)14時~15時45分 (開場13時30分~)
※パネルディスカッション75分、質疑応答30分
<会場> ニュースパーク 日本新聞博物館 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
<定員> 120名(先着順)
<入館料>一般400円/大学生300円/高校生200円/中学生以下無料 ※講演会の参加費はかかりませんが、入館料が必要になります。

■パネルディスカッション内容■

1934 年10 ⽉28 ⽇付
1934 年10 ⽉28 ⽇付

・明治・大正から戦前における英字新聞への広告掲載
(花王株式会社の広告戦略の背景や意図、ターゲットについて)
・広告媒体としての既存メディアとデジタルメディアの違い
・グローバルの視点からみた、コミュニケーション戦略のあり方
・メディアの課題、企業の課題

▼パネリスト
石井 龍夫氏 花王株式会社
(デジタルマーケティングセンター シニア フェロー)
山口 有希子氏 日本アイ・ビー・エム株式会社
(マーケティングコミュニケーション デジタルコンテンツマーケティング&サービス 部長)
モデレーター:末松(神原)弥奈子
(株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長)

★参加申し込みフォーム http://jtimes.jp/120talk/

◆記念講演シリーズ 一覧◆

Touch swipe table right/left to view.

日時 内容 講演者
10月29日(日)
14:00~15:45
「メディアのマーケティング戦略と課題について考える~新聞からデジタルまで」
英字新聞への広告掲載の背景やグローバル視点からみた、コミュニケーション戦略についてパネルディスカッションを実施します。
<パネリスト>
花王株式会社 石井 龍夫氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 山口 有希子氏
11月4日(土)
13:30~14:45
「世界で活躍したい人のためのThe Japan Times ST活用法」
現役の編集長が英文記事を教材に、英字新聞の読み方や英語力を向上させるための効果的な活用法を紹介します。
The Japan Times ST 編集長 高橋敏之
11月25日(土)
13:30~14:45
「横浜が育てた英字新聞盛衰の歴史」
英字新聞の歴史を語る上で重要な役割を果たしてきた横浜。The Japan Times創刊前の幕末から明治期に、横浜の外国人居留民がどのように英字新聞を作り、発展させたかについて語ります。
上智大学 鈴木雄雅教授
12月10日(日)
14:00~15:15
「ジャパンタイムズ・僕の読み方」
ジャパンタイムズの愛読者である茂木健一郎氏が英字新聞の読み方の極意を語ります。多方面で精力的に活躍している茂木氏がおすすめする英字新聞の読み方を直接聞けるチャンスです!
脳科学者 茂木健一郎氏

英字新聞が伝えた「日本」ー ジャパンタイムズ120年のあゆみ

<会期>2017年 10月7日(土)~12月24日(日)
<会場>ニュースパーク(日本新聞博物館)2階企画展示室
〒231-8311 神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
<開館時間>10:00~17:00(入館は16:30まで)
<主催> 株式会社ジャパンタイムズ ニュースパーク(日本新聞博物館)
<協賛> 常石グループ、矢崎総業、王子製紙
<後援> 電通、共同通信社、AP通信社、トムソン・ロイター・ジャパン、時事通信社、吉川英治記念館、神奈川県教育委員会、横浜市教育員会、川崎市教育委員会
<休館日>月曜日(祝日・振替休日の場合は次の火曜日)
<入館料>一般400円・大学生300円・高校生200円・中学生以下無料
<企画展ウェブサイト>http://jtimes.jp/120

【本件に関する問い合わせ先】

<プレスに関する問い合わせ>
経営推進部(福西)
E-mail:pr@japantimes.co.jp
TEL:03-3453-5312(代)

<企画展に関する問い合わせ>
知財管理部
E-mail: copyright@japantimes.co.jp
TEL: 03-3452-7050


PDF形式でダウンロードできます。