• SHARE

50歳まで一度も結婚をしたことのない人の割合を示す「生涯未婚率」は2015年に男性23.37%、女性14.06%だったことが4月4日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。2010年の前回調査より男女とも3ポイント超伸びて過去最高を更新した。生涯未婚の人は男性のほぼ4人に1人、女性のほぼ7人に1人となり「結婚離れ」が 鮮明になった。

人生の選択が多様化する一方、非正規労働者が約4割に増え金銭的な理由で結婚をためらう人も多く、少子化の流れに歯止めはかかりそうにない。非正規の処遇改善など結婚を後押しする対策が急がれる。 (KYODO)

Unable to view this article?

This could be due to a conflict with your ad-blocking or security software.

Please add japantimes.co.jp and piano.io to your list of allowed sites.

If this does not resolve the issue or you are unable to add the domains to your allowlist, please see out this support page.

We humbly apologize for the inconvenience.

In a time of both misinformation and too much information, quality journalism is more crucial than ever.
By subscribing, you can help us get the story right.

SUBSCRIBE NOW