• SHARE

Sample newspaper article

ストックホルムのカロリンスカ研究所は10月3日、2016年のノーベル 医学生理学賞を、細胞間でタンパク質を分解し再利用する「オート ファジー」の仕組みを解明した日本の科学者、大隅良典氏に授与 すると発表した。大隅氏(71)は東京工業大栄誉教授で、オートファジーの解明は、がんやアルツハイマー病などの病気に新たな治療法の 可能性を切り開くとされる。東京の記者会見で大隅教授は、他の人がしない研究をしたと述べ、基礎研究の重要性を強調した。日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目、医学生理学賞は4人目。 (Oct. 4)

In a time of both misinformation and too much information, quality journalism is more crucial than ever.
By subscribing, you can help us get the story right.

SUBSCRIBE NOW