Press Release / Corporate Trends

ジャパンタイムズ公開座談会

「海洋プラスチック問題と日本の貢献」を4月1日(月)に開催(参加無料)

PDF形式でダウンロードできます
PDF形式でダウンロードできます

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 堤丈晴)は、4月1日(月)に公開座談会「海洋プラスチック問題と日本の貢献」を六本木アカデミーヒルズにて開催します。
 
昨今、海洋プラスチック問題が及ぼす生態系への影響が世界的な関心を集めています。多くのプラスチック製品を生産、消費している日本にとっても無関係ではありません。
 
今年日本で開催されるG20サミットでも、この問題への対応が協議される予定で、議長国として議論の取りまとめが期待されています。
 
海洋国家であるわが国が、国際的な課題解決のために貢献できることは何か。本座談会を通じ、広く現状課題を共有し、併せてこの分野での日本の貢献について、ジャパンタイムズ本紙・Webサイトを通じ世界に向け発信して参ります。是非ご参加下さい。

■ 概要

日時:2019年4月1日(月)14:30-16:00(受付開始: 14:00~)
会場:六本木アカデミーヒルズ スカイスタジオ
(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 49F)
テーマ: 海洋プラスチック問題と日本の貢献

登壇者:
環境省環境再生・資源循環局総務課長 土居 健太郎
花王株式会社 ESG部門 副統括 柳田 康一
株式会社エフピコ 環境対策室 ジェネラルマネージャー 冨樫 英治
東京大学国際高等研究所 サステイナビリティ学連携研究機構 教授 高村 ゆかり(モデレーター)
参加費:無料
主催:株式会社ジャパンタイムズ
協賛:公益財団法人小笠原科学技術振興財団
企画・運営: Japan Times ESG推進コンソーシアム

申し込み方法:
下記URLからお申し込みください
http://jtimes.jp/zadankai2019

◆ 株式会社ジャパンタイムズについて

ジャパンタイムズは日本で最も歴史のある英字新聞社として、1897年の創業以来、日本と世界の英文ニュースを国内外に発信しています。「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすべく、政治、経済、文化、社会、そしてスポーツ記事を通じ日本の現状と世界の動向を報道してきました。世界中の人が利用するThe Japan Times website(https://www.japantimes.co.jp/)は、国内最大級の英文ニュースサイトとして多様で独自性のあるコンテンツを揃えています。

■ Japan Times ESG推進コンソーシアムについて

ESG(Environmental=環境・Social=社会・Governance=ガバナンス)を重視する海外機関投資家・運用機関に向け、日本企業の英文ESG情報の発信支援を目的に設立されたコンソーシアム。ジャパンタイムズの英文取材・編集力を活かし、保有する新聞・Web、SNS等のメディアプラットフォームを通じて、日本のESG経営を世界に向け発信しています。
【公式URL】https://japan-esg.net/

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ジャパンタイムズ
<報道関係者>
経営推進部(佐々木・熊野)
E-mail:pr@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-0123 (代)

<座談会に関しての問い合わせ>
Japan Times ESG推進コンソーシアム事務局
E-mail:ESG@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-9001


PDF形式でダウンロードできます