• The Japan Times Cube

  • SHARE

株式会社ジャパンタイムズキューブ(代表取締役:末松弥奈子)は、英語でのクラウドファンディングサポート「the moment by The Japan Times」の第2弾として、三位一体となって日本の漆文化の存続に取り組む、株式会社浄法寺漆産業(岩手県盛岡市)、一般社団法人次世代漆協会(岩手県盛岡市)、特定非営利活動法人ウルシネクスト(秋田県秋田市)を支援します。

3団体は、漆の恩恵をより多くの人に広め、国産漆を増やし、活かし、使い、残していくための啓発活動が高く評価され、第1回 The Japan Times Satoyama & ESG Awards 2019 の Satoyama 部門の優秀賞を受賞しています。

一口に「漆を守る」と言っても、その活動は漆の良さをより多くの人に知ってもらうと同時に、漆を作って販売し、新たな活用法を生み出し、後世に繋いでいくというように広きにわたります。一般社団法人次世代漆協会が生産を担い、株式会社浄法寺漆産業が販売し、特定非営利活動法人ウルシネクストが啓発活動を行うという役割分担により、一度は消えかけた日本の漆産業の再活性化に取り組む様子を英語で発信します。
https://camp-fire.jp/projects/view/335293

株式会社ジャパンタイムズは2018年度より日本における持続可能な社会への取り組みを支援することを目的に「Japan Times Satoyama/ESG推進コンソーシアム」を立ち上げ、その活動を通して英語での発信をサポートしてきました。

プロジェクトについては、ジャパンタイムズが企画し発信する「自主企画」以外に、コンソーシアムへの参加企業や団体向けに情報発信を支援する「推薦プロジェクト」、さらにCAMPFIREでクラウドファンディングを実施しているプロジェクトのうち親和性の高いものを紹介する「連動企画」を用意します。

「the moment by The japan times」が目指すこと
「the moment by The japan times」では、ジャパンタイムズ本紙とも連携し、コンソーシアムやその他の活動をジャパンタイムズで紹介してきた記事や特集と連動することで、プロジェクトオーナーの思いを英語でしっかり伝えることができます。

創刊120年余の歴史を持つジャパンタイムズの信頼性のある英文力を通じ、同じ課題や思いを抱える海外ユーザーへ発信していくことで、持続可能な社会の実現に貢献することを目指します。


◆The Japan Times (ジャパンタイムズ)について
The Japan Timesは1897年(明治30年)に創刊された日本で最も歴史のある英字新聞です。1996年にホームページを開設。現在はソーシャルメディアも活用し、日本のいま、そして未来を世界に向けて発信しています。読者は国内在住の外国人に加えて、世界各国の政府高官やシンクタンクはもちろん、各国のメディアにも日本に関する信頼できる情報ソースとして活用されています。過去のアーカイブは海外の大学や公立の図書館などで、日本やアジアの歴史研究に活用されています。

◆Japan Times Satoyama推進コンソーシアムについて
【活動指針】
1. 里山資本主義の実践者を支え、つなぎ、増やしていき、その活動を持続可能なものにしていくこと。
2. 里山資本主義がマネー資本主義のオルタナティブな選択肢として機能するようにすること。
3. 里山資本主義への支援や関与が、企業や自治体等の国内外での価値を高める環境をつくること。
【公式URL】https://satoyama-satoumi.net

株式会社ジャパンタイムズキューブ
<問い合わせ>
the moment by japan times
担当:熊野
E-mail: pr@japantimes.co.jp


PDF形式でダウンロードできます。

PHOTO GALLERY (CLICK TO ENLARGE)