中学で習った基本の動詞だけで十分!
『英語は7 つの動詞でこんなに話せる』発売

 株式会社ジャパンタイムズは、『英語は7つの動詞でこんなに話せる』を出版しました。
 日本人は「go=行く」のように、日本語と英語の単語を1対1で置き換えてしまいがちです。さらに、なぜだか難しい言い回しをしたがる人も多くいます。それではネイティブスピーカーが日常で使うようなシンプルで自然な英語は身につきません。
 本書では、誰もが中学で習う基本中の基本の7つの動詞―be、get、do、have、make、take、go―の使い方を厳選して紹介。これら7動詞を使ったさまざまなフレーズに触れれば、「こんなに簡単な動詞なのに、こんなに話せる!」を実感できることでしょう。

〈日本人が陥りがちな英語学習の勘違い〉

  • 簡単な表現で言えるのに、つい難しい言い回しを使ってしまう。
  • 「英語の勉強=単語の暗記」だと思っている。
  • 日本語と英語の単語を1対1で置き換え、丸暗記している。

⇒難しい内容でも、簡単な表現を使って説明できる力こそが大切。
語彙を増やすより7つの基本動詞をマスターし、その基本動詞を使ったフレーズを覚えましょう!

■商品概要■
商品名: 『英語は7つの動詞でこんなに話せる』
著者: 有元 美津世
仕様: 四六変型並製・168ページ・本文2色、
CDつき&MP3音声無料DL
定価: 1,512 円(税込)
ISBN: 978-4-7890-1675-9
出版社: ジャパンタイムズ
発行日: 2017年9月23日

◆ 著者:有元 美津世
日本で大学卒業後、英検1級、通訳ガイド免許取得。日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。現在は投資家。在米30年。
著書に、ロングセラーの『英文履歴書の書き方』『面接の英語』のほか、『ロジカルイングリッシュ』(ダイヤモンド社)、『これからを愉しむ 大人の英会話』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(以上ジャパンタイムズ)、『英語でもっとSNS! どんどん書き込む英語表現』(語研)など29冊。韓国語や中国語にも翻訳され、韓国、中国、台湾で出版されている。

【本件に関する問い合わせ先】
<商品に関する問い合わせ>
出版営業部(大野)
hiroyuki.ohno@japantimes.co.jp
TEL: 03-3453-2013

<プレス関係の問い合わせ>
経営推進部(佐々木)
pr@japantimes.co.jp
TEL: 03-3453-5312(代)

◆株式会社ジャパンタイムズについて
ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤丈晴)は日本で最も歴史のある英字新聞社として、1897年の創業以来、日本と世界の英文ニュースを国内外に発信しています。「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすべく、政治、経済、文化、社会、そしてスポーツ記事を通じ日本の現状と世界の動向を報道してきました。世界200カ国以上の人が利用するThe Japan Times website(www.japantimes.co.jp/)は、国内最大級の英文ニュースサイトとして多様で独自性のあるコンテンツを揃えています。


PDF形式でダウンロードできます