Press Release / Corporate Trends

『里山資本主義』の先にあるもの
Satoyama推進シンポジウム2019
6月4日(火)開催

 Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム(代表:末松弥奈子、株式会社ジャパンタイムズ代表取締役会長)は、6 月 4 日(火)に「Satoyama推進シンポジウム2019」を開催します。
 本会は、多くの自治体や企業、また里山・里海で活動している実践者の方に本コンソーシアムの趣旨をご理解いただく機会を創出するとともに、国内外のキーパーソンによる最新事例などを共有し、実践者団体による活動の励み弾みにすることを目的としています。
 今回のシンポジウムでは、『里山資本主義』の著者、藻谷浩介氏による「『里山資本主義』の先にあるもの」をテーマにした基調講演、自治体首長による「里山里海 x 関係人口」をテーマにしたパネルセッション、「里山里海 ? 事業継承」をテーマに里山里海実践者の方々によるパネルセッションを予定しています。

■ 概 要
日時: 2019年6月4日(火) 13:30-17:00(受付開始:13:00~)
会場: 都市センターホテル 601(中宴会場)(東京都千代田区平河町2-4-1)
参加費: 無料

● プログラム(予定)
13:00 <受付開始>
13:30 <開会・主催者挨拶>
末松弥奈子(コンソーシアム代表 兼 ジャパンタイムズ会長)

<来賓挨拶>
小林史明(衆議院議員)*予定

<パネルセッション①> 「里山里海 x 関係人口」
モデレーター:
吉田雄人(前 横須賀市長 / Glocal Government Relationz(株)代表取締役 / 本コンソーシアム事務局長)
パネリスト:
鈴木英敬 三重県知事(本コンソーシアム運営委員会 副委員長)
枝広直幹 福山市長
宮下宗一郎 むつ市長

<基調講演>「『里山資本主義』の先にあるもの」
藻谷浩介(日本総合研究所 調査部主席研究員/本コンソーシアム アドバイザー)

<休憩>

<パネルセッション②>「里山里海 x 事業継承」
モデレーター:
松嶋匡史 (瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役 / 本コンソーシアム運営委員会 委員長)
パネリスト:
松場忠(株式会社石見銀山生活文化研究所 取締役)
丹後佳代(株式会社丹後 取締役)
尾畑留美子(尾畑酒造株式会社 専務取締役)

<閉会>
※予告なくプログラムが一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催: Japan Times Satoyama推進コンソーシアム
後援: 総務省、農林水産省、経済産業省、環境省(申請中)、全国知事会、全国市長会、全国町村会
申込み方法: 下記URLからお申込みください。
https://satoyama-symposium2019.peatix.com

■Japan Times Satoyama推進コンソーシアムについて
【活動指針】
1. 里山資本主義の実践者を支え、つなぎ、増やしていき、その活動を持続可能なものにしていくこと。
2. 里山資本主義が、マネー資本主義のオルタナティブな選択肢として機能するようにすること。
3. 里山資本主義への支援や関与が、企業や自治体等の国内外での価値を高める環境をつくること。
【公式URL】 https://satoyama-satoumi.net/

※里山資本主義とは、マネー資本主義をメインテーマとして尊重しながらも、お金に依存しない経済システムをサブシステムとして構築しようとする考え方です。海や山などの自然、地域における人間関係など、お金では買えない資産を大切にし、同時に現在のテクノロジーを最大限に活用することで、お金だけに頼らない社会、人々の暮らしに「金銭換算出来ない価値」を生み出す社会を目
指します。

株式会社ジャパンタイムズ
<報道関係者>
経営推進部(佐々木・熊野)
E-mail: pr@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-0123(代)

<イベントに関しての問い合わせ>
Japan Times Satoyama推進コンソーシアム事務局
E-mail: satoyama@japantimes.co.jp
TEL: 050-3646-9001


PDF形式でダウンロードできます