Language | NEWS IN NIHONGO

Seirogan's trumpet melody is now a registered trademark

Sample newspaper article

大幸薬品の「正露丸」のCMに使われているラッパのメロディーが9月末、音だけで構成される商標として国内で初めて登録された。特許庁が2015年4月に音を商標対象に加えてすぐに出願したが、社名や商品名を示す言葉がメロディーに乗っていないことがネックとなり、登録まで2年半かかった。

ラッパのメロディーは、旧日本軍の食事の 知らせをアレンジしたもので、民間のラジオ 放送が始まった1951年からCMに使い始めたという。

大幸薬品は音の商標登録の一番乗りを狙ったが登録第1弾から漏れ、言葉のある伊藤園の「おーいお茶」や小林製薬の「ブルーレットおくだけ」などに先を越された。 (KYODO)

Words and phrases

大幸薬品 (たいこうせいやく) Taiko Pharmaceutical Co., Ltd.

正露丸 (せいろがん) Seirogan (name of a digestive medicine)

CM (しいえむ) commercial

使われている (つかわれている) used

ラッパ trumpet

メロディー melody

9月末 (くがつまつ) end of September

音 (おと) sound

構成 (こうせい) structure

商標 (しょうひょう) trademark

国内 (こくない) within Japan

初めて (はじめて) first time

登録 (とうろく) register

特許庁 (とっきょちょう) (Japan) Patent Office

2015年4月 (にせんじゅうごねんしがつ) April 2015

対象 (たいしょう) target, candidate

加えて (くわえて) add

出願 (しゅつがん) apply

社名 (しゃめい) company name

商品名 (しょうひんめい) product name

示す (しめす) show

言葉 (ことば) word

乗って (のって) ride, get on

ネック obstacle, hurdle

2年半 (にねんはん) 2½ years

旧日本軍 (きゅうにほんぐん) Imperial Japanese Army

食事 (しょくじ) meal

知らせ (しらせ) notice, announcement

民間 (みんかん) commercial

ラジオ放送 (らじおほうそう) radio broadcast

始まった (はじまった) started

一番乗り (いちばんのり) first to arrive

狙った (ねらった) aimed

第1弾 (だいいちだん) first round

漏れ (もれ) drop, to leak out

伊藤園 (いとうえん) Ito En (name of a

beverage company)

お茶 (おちゃ) tea

小林製薬 (こばやしせいやく) Kobayashi Pharmaceutical Co., Ltd.

ブルーレットおくだけ Blue-Let Okudake (name of a toilet bowl cleaner)

先を越された (さきをこされた) was beaten to it

Quick questions

1) 大幸薬品がラッパのメロディーの商標登録を出願したのは何年のことですか。

2) ラッパのメロディーはいつからコマーシャルに使われていましたか。

3) ラッパのメロディーが商標登録されるまで 2年半かかったのはなぜですか。

Translation

A trumpet melody used in the commercial for Taiko Pharmaceutical’s Seirogan was registered as a trademark at the end of September, the first solely musical trademark to be registered in Japan.

The company applied for trademark registration right after the Japan Patent Office allowed sounds to be considered as trademarks in April 2015, but the melody took 2½ years to be registered. The fact that the melody wasn’t accompanied by words showing the company or product name had been a hurdle to registration.

The trumpet melody was an arrangement of the tune used by the Imperial Japanese Army to announce its meal times. It was first used in a commercial in 1951, when commercial radio broadcasting began.

Taiko Pharmaceutical aimed to be the first to have a sound trademarked, but it failed to make the first round of registration, having been beaten to it by jingles with words, such as for Ito En’s “Oi Ocha” and Kobayashi Pharmaceutical’s “Blue-Let Okudake.”

Answers

1) In what year did Taiko Pharmaceutical apply to register its melody as a trademark?

2015年。

The year 2015.

2) Since when has the trumpet melody been used in commercials?

民間ラジオ放送が始まった1951年から。

From 1951, when commercial radio broadcasting began.

3) Why did it take 2½ years to get the trumpet melody trademarked?

メロディーに言葉が乗っていなかったから。

Because the melody wasn’t accompanied by words.