• SHARE

Sample newspaper article

老後の健康維持ということでは、年齢はあまり意味を持たず、肥満は 結局のところそれほど悪いことではないかもしれないという米国の研究が、5月16日に発表された。孤独や絶望感、最近骨折をしたといった 要素のほうが、その後5年以内に死亡するリスクの予測になりそうだと、シカゴ大学の研究者たちが発見した。その研究によると「最も健康な人々は肥満で丈夫だった」とされており、アメリカの高齢者の22%は、肥満率と血圧が高いにもかかわらず、健康という定義に当てはまることが明らかになった。こうした人々は他の人々よりも、臓器系の疾患が 少なく、運動機能や感覚機能、精神的な健康状態も優れていた。 (May 17)

In a time of both misinformation and too much information, quality journalism is more crucial than ever.
By subscribing, you can help us get the story right.

SUBSCRIBE NOW