• SHARE

Sample newspaper article

日本の一流大学に入学できるほど優秀なロボットの開発は失敗に 終わった。国立情報学研究所のメンバーを含む研究チームは11月 14日、東京大学の入学試験に合格出来るロボットの開発を断念したと発表した。2011年から始まったこのプロジェクトは、2022年の3月までに合格できる人工知能の開発を期待していた。東大くんと呼ばれる 人工知能プログラムは着実に学力を向上させていたが、試験問題を 理解する能力に限界があると分かり、研究者たちは記述式試験の成績を伸ばすための研究へ転換する計画だ。 (Nov. 15)

In a time of both misinformation and too much information, quality journalism is more crucial than ever.
By subscribing, you can help us get the story right.

SUBSCRIBE NOW