Press Release / Corporate Trends

ジャパンタイムズ、オンライン英会話「vipabc」に
「The Japan Times Alpha」提供を開始

 株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堤丈晴)は、VIPABC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福岡武彦、以下 VIPABC)が運営するオンライン英会話レッスン「vipabc」受講者に、同社が発行する週刊英語学習紙「The Japan Times Alpha(以下、Alpha)」の提供を、2019年2月1日より開始します。
 
 Alphaは、オンライン英会話レッスン「vipabc」の<楽々プラン>受講生の自宅まで毎週無料で配送されます(新聞休刊日除く/日本国内限定)。
* 楽々プランとは…1年または2年以内に100~320 レッスンを受講するプラン
 
 Alphaは、その週に起きた最新のニュースを英語教材として毎週読者にお届けしています。英文記事とその記事に書かれてある重要語句の解説や注釈などが掲載され
ているので、生きた英語表現をそのまま学ぶことができます。
 
 社会人にふさわしい英語を話すためには、アウトプットとインプット、両方の学習が必要です。スピーキング力の向上には、英語を話す機会を増やすアウトプット学習と同時に重要語句や文法・構文などのインプット学習が欠かせません。
 
 今回、オンライン英会話レッスン「vipabc」の受講生に、時事的な話題を楽しみながらインプット学習できるAlphaが提供されることで、学習の相乗効果が期待できます。
 
◆「The Japan Times Alpha」について
https://alpha.japantimes.co.jp/
ジャパンタイムズが発行する、英語学習者のための週刊英語学習紙。1951年に『Student Times』の名前で創刊されて以来、英語学習トレンドにきめ細かく対応。時事英語を中心とした読み物や英語学習コンテンツで、実用的な英語の習得を目指せる英語学習紙です。
発行:毎週金曜日
価格:300円/部、 1,132円/月 (いずれも税込)
判型:タブロイド判24~32ページ

◆オンライン英会話「vipabc」とは
ビッグデータとAIを活用し、個々の利用者がもっとも効率的に英語力を伸ばすためのレッ
スンを提供。独自に開発した自動コース生成システム(DCGS:Dynamic Course Generation System)と、過去のレッスン実績ビッグデータを用いて、利用者のニーズ、職業、趣味、レベルなどに合わせて、最適な講師、教材およびクラスメートを自動でマッチングさせています。
利用者は世界135か国におよび、レッスン実績はのべ1億8000万回。講師は3万人全員が国際英語教授法(TESOL)資格を保有。また、80か国に講師が在籍しているため、24時間365日、いつでも英会話レッスンを受講できます。

キャンペーン詳細ページ
https://www.vipabc.co.jp/jt_collabo

■VIPABC株式会社について
https://www.vipabc.co.jp/
2004年に米国・シリコンバレーで創業したEdTech(教育+テクノロジー)企業、iTutorGroup(http://www.itutorgroup.com/) の日本法人。iTutorGroupは、EdTech業界のユニコーン企業として、経済産業省「『未来の教室』と EdTech研究会」発表資料でも取り上げられています。
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/mirainokyositu/pdf/001_03_02.pdf(2018年1月19日 p.9)

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ジャパンタイムズ
<プレス関係の問い合わせ>
経営推進部(佐々木・熊野)
E-mail: pr@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-0123(代)

<サービスの問い合わせ>
販売局販売部
E-mail: edusales@japantimes.co.jp


PDF形式でダウンロードできます