ジャパンタイムズ、第31回東京国際映画祭に
メディアパートナーとして参加

 株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堤丈晴)は、2018年10月25日から11月3日まで開催される第31回東京国際映画祭(主催:公益財団法人ユニジャパン)に、メディアパートナーとして参加いたします。

© 2018 TIFF

 東京国際映画祭(以下 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭で今回31回を迎える日本で唯一の国際映画製作者連盟公認(*)の国際映画祭です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。
(*)国際映画製作者連盟:世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善し、検討する国際機関。パリに本部を置き、世界31ヵ国(2018年9月現在)が加盟している。

© 2018 TIFF

● 第31回東京国際映画祭
Webページ
https://2018.tiff-jp.net/ja/
Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/tifftokyo.net/

日程:2018年10月25日(木)~11月3日(土)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか 都内の各劇場及び施設・ホールを使用
主催:公益財団法人ユニジャパン(第31回東京国際映画祭実行委員会)
共催:経済産業省(TIFFプラス)
   国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
   東京都(コンペティション部門、ユース部門)

ジャパンタイムズは、日本を代表する英文メディアとして東京国際映画祭と連携をし世界に向けて情報発信を行いながら日本およびアジアの映画産業、文化振興を支援してまいります。

◆ 公益財団法人ユニジャパンについて
公益財団法人 ユニジャパン(旧:財団法人日本映像国際振興協会(UNIJAPAN))は、財団法人日本映画海外普及協会(ユニジャパン・フィルム)と財団法人東京国際映像文化振興会と統合し、平成17年4月1日より新しく発足し、従来の日本映画を海外に普及するという活動以外にも東京国際映画祭の開催運営事業が追加されました。
ユニジャパンは、国際映画祭を開催し、次代を担う才能の発掘・育成の助成及び、映画フィルムの保存を図るとともに海外において日本映像の普及宣伝を行い、もって我が国の映像文化の発展を促し、日本映像の輸出の振興を促進させること、また、国際友好及び文化の増進に寄与することを目的とします。http://unijapan.org/

◆ 株式会社ジャパンタイムズについて
ジャパンタイムズは日本で最も歴史のある英字新聞社として、1897年の創業以来、日本と世界の英文ニュースを国内外に発信しています。「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすべく、政治、経済、文化、社会、そしてスポーツ記事を通じ日本の現状と世界の動向を報道してきました。世界中の人が利用するThe Japan Times website(www.japantimes.co.jp/)は、国内最大級の英文ニュースサイトとして多様で独自性のあるコンテンツを揃えています。

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ジャパンタイムズ
<プレス関係の問い合わせ>
経営推進部(佐々木・熊野)
E-mail: pr@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-0123(代)

<一般企業関係者>
メディア事業局販売部
E-mail: jtsales@japantimes.co.jp
TEL: 050-3646-3210(平日9:30-17:30)