Japan Times Satoyama推進コンソーシアム
キックオフフォーラム(参加無料)を2月13日(火)に開催

 Japan Times Satoyama推進コンソーシアム(代表:末松(神原)弥奈子、株式会社ジャパンタイムズ・代表取締役会長)は、2018年2月13日(火)にキックオフフォーラムを開催します。
 この会は、本年よりJapan Times Satoyama推進コンソーシアムを本格的にスタートさせるにあたり、今後多くの自治体や企業、また里山・里海で活動している実践者の方に本コンソーシアムの趣旨をご理解いただく機会を創出することを目的としています。
 今回は、『里山資本主義』の著者、藻谷浩介氏をお迎えし、「2025年問題を見据えた里山資本主義のこれから」をテーマにご講演いただきます。また、周防大島の活性化に貢献している手作りジャム専門店、瀬戸内ジャムズガーデンの代表である松嶋匡史氏が「里山資本主義の実践を継続するために必要なこと」をテーマにプレゼンテーションをするほか、「実践者と民間・公共との連携のあり方について」をテーマとしたパネルディスカッションも予定しています。

【概要】
日時:2018年2月13日(火)13:30-17:00(受付開始:13:00~)
会場:全国市長会館(千代田区平河町2-4-2 全国都市会館)
※参加費無料

●プログラム(予定)
13:30 <開会・主催者挨拶>
   末松(神原)弥奈子(コンソーシアム代表 兼 ジャパンタイムズ会長)
13:40 <来賓挨拶・紹介>
   小林史明氏(総務大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官)
   鈴木英敬氏(三重県知事)ビデオメッセージ
14:00 <プレゼンテーション>
   松嶋匡史氏(瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役社長)
テーマ:「里山資本主義の実践を継続するために必要なこと」
14:45 休憩
15:00 <パネルディスカッション>
    テーマ:「実践者と民間・公共との連携のあり方について」
    モデレーター:御立尚資氏(ボストンコンサルティング シニア・アドバイザー)
    パネリスト :栗山浩樹氏(NTT 取締役 兼 新ビジネス推進室長)
           下川元三氏(伊勢志摩里海学舎 理事)
           木村富美氏(広島県地域政策局 中山間地域振興課長)
16:00 <講演>
   藻谷浩介氏(日本総合研究所 主席研究員)
   テーマ:「2025年問題を見据えた里山資本主義のこれから」
17:00 終了
※予告なくプログラムが一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催:Japan Times Satoyama推進コンソーシアム
申込み方法:下記URLからお申込みください。
https://peatix.com/event/340149

■Japan Times Satoyama推進コンソーシアムについて
【活動指針】
1. 里山資本主義の実践者を支え、つなぎ、増やしていき、その活動を持続可能なものにしていくこと。
2. 里山資本主義が、マネー資本主義のオルタナティブな選択肢として機能するようにすること。
3. 里山資本主義への支援や関与が、企業や自治体等の国内外での価値を高める環境をつくること。

【公式URL】https://satoyama-satoumi.net

※「里山資本主義」とは、リーマンショックが象徴する「お金がお金を生む経済(マネー資本主義)」にのみ依存するのではなく、金銭的価値のない日本古来・自然由来の資源に、地域で暮らす人々の手によって新たに交換可能な価値が与えられ、安心で将来性のある地域社会をつくるという新しい資本主義のあり方です。様々な未活用資源が、地域の実践者の手によって活かされ、雇用を生み、地域全体の活性化に繋がることを理想としています。

【本件に関する問い合わせ先】
<報道関係者>
経営推進部(福西・佐々木)
E-mail:pr@japantimes.co.jp
TEL:03-3453-5312(代)

<イベントに関する問い合わせ>
Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム事務局
E-mail:satoyama@japantimes.co.jp
TEL:03-3453-5364


PDF形式でダウンロードできます