South Korea to issue ‘comfort women’ white paper in 2015

JIJI

South Korea’s Gender Equality and Family Ministry will issue a white paper on the wartime “comfort women” around the end of 2015 and distribute it worldwide, it said Sunday.

In the report, the ministry will refer to documents and studies on Japan’s wartime prostitution system, and comprehensively analyze and explain the system’s reality and criminality based on reports by international organizations and civic groups. It will also review disputes and dialogue between the Japanese and South Korean governments.

The white paper appears to South Korea’s response to Japan’s investigation into how the Kono statement was drawn up, pundits said. In releasing the results of its investigation, Japan affirmed the historical facts used to draft the Kono statement but also, for some reason, revealed details of the negotiations that both sides had agreed to keep secret.

The Kono statement, announced by then-Chief Cabinet Secretary Yohei Kono in 1993, officially acknowledged that the now-defunct Imperial Japanese Army was directly involved in managing brothels for its soldiers that were filled with “comfort women” — Japan’s euphemism for the girls and women, mostly Korean, who were coerced into sexual slavery.

The Japanese government opted for the probe after Prime Minister Shinzo Abe’s plans to revise the Kono statement sparked an uproar.

Seoul demands that Japan take measures that can satisfy the former comfort women, or “ianfu,” who survived the ordeal. Tokyo maintains the issue has already been resolved.

The ministry will publish the white paper not only in Korean, but in English, Chinese and Japanese as well.

  • wada

    I’m looking forward to reading the white paper. How do they reply against the documents(*1,*2 and many points) at the end of 2015.

    *1: Details of Exchanges Between Japan and the Republic of Korea (ROK) Regarding the Comfort Women Issue
    *2: 慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジア女性基金まで~(日本語)

    5P
    1993年3月13日,2月に就任した金泳三韓国大統領は,慰安婦問題について,「日本政府に物質的補償を要求しない方針であり,補償は来年から韓国政府の予算で行う。そのようにすることで道徳的優位性をもって新しい日韓関係にアプローチすることができるだろう」と述べた。

    15P
    この交渉過程で,日本側は宮澤総理,韓国側は金泳三大統領まで案文を上げて最終了解を取った。

    16P
    最終的に8月3日夜,在日本韓国大使館から外務省に対し,本国の訓令に基づくとし,金泳三大統領は日本側の現(最終)案を評価しており,韓国政府としては同案文で結構である旨連絡があり,河野談話の文言について最終的に意見の一致をみた。

    18P
    韓国側は,日韓間では法的な補償の問題は決着済みであり,何らかの措置という場合は法的補償のことではなく,そしてその措置は公式には日本側が一方的にやるべきものであり,韓国側がとやかくいう性質のものではないと理解しているとの反応であった。

    19P
    慰安婦の問題を含め,両国及び両国民間の財産・請求権の問題は,法的には完全且つ最終的に解決済みであり,韓国の元慰安婦に対しては,個人的な賠償となる措置は実施しないことを想定している旨韓国側には確認していた。

  • wada

    There is no proof of coercion.

    After reading at least the investigation report of the Japanese government(*1, *2), I want you to read a newspaper article. The comfort-women verification report of subject is here these days. The thing with still few English-language edition reports is regrettable.

    *1: Details of Exchanges Between Japan and the Republic of Korea (ROK) Regarding the Comfort Women Issue
    *2: 慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジア女性基金まで~(日本語)
    *3: 朝日「慰安婦」報道特集
    *4: 検証朝日「慰安婦」報道 (1) 虚構の「強制連行」拡散
    *5: 検証朝日「慰安婦」報道 (2) 記事と証言に食い違い
    *6: 検証朝日「慰安婦」報道 (3)「軍関与」首相の訪韓を意識
    *7: 検証朝日「慰安婦」報道 (4) 韓国メディアと「共鳴」
    *8: SPECIAL REVIEW of The Asahi Shimbun’s “Comfort Women” Reporting / The paper slow to correct its errors
    *9: Unraveling the ‘comfort women’ issue ? Asahi under probe ? / Suspicions over Yoshida statements ignored
    *10: Unraveling the ‘comfort women’ issue ? Asahi under probe ? / ‘Forcibly taken away’ reports spread widely
    *11: Unraveling the ‘comfort women’ issue ? Asahi under probe ? / Inconsistencies in articles, testimony
    *12: Unraveling the ‘comfort women’ issue ? Asahi under probe ? / Report’s timing complicated Miyazawa’s S. Korea visit
    *13: Unraveling the ‘comfort women’ issue ?Asahi under probe ? Asahi, South Korean media shared sympathy
    *14:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(上)1】朝日新聞 22年前から女子挺身隊と慰安婦の混同に気付く ソウル発記事で疑義
    *15:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(上)2】社内からの指摘を放置
    *16:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(上)3】信じたくない「吉田の嘘」
    *17:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(中)1】「歴史教育議連」を狙い撃ち 「常識発言」撤回に追い込む
    *18:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(中)2】慰安婦強制への疑問も批判対象
    *19:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(下)1】慰安婦問題「オールコリア態勢」 クマラスワミ氏取材を韓国外務省サポート
    *20:【歴史戦 第5部 「朝日検証」の波紋(下)2】韓国紙が「朝日助ける方法あるはず」とまで擁護するのはなぜか
    *21:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国】サンフランシスコ市に新たな慰安婦像計画 中国系が準備委設置
    *22:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(1)前半】サンフランシスコに反日拠点の衝撃、中華街舞台に記念館9月オープン
    *23:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(1)後半】朝日訂正も無視、首都で「強制連行」宣伝 中韓連携で同時多発的設置の恐れ
    *24:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(2)】朝日報道後に米国でも火が付いた慰安婦問題
    *25:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(3)前半】被告は「河野洋平」 司法にも持ち込まれた強制連行 談話を巧妙利用
    *26:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(3)後半】慰安婦訴訟、米司法・行政は「決着済み」 次の標的は議会
    *27:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(4)上】米下院での慰安婦決議、先兵ホンダ氏支えた反日団体
    *28:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(4)下】「20世紀最大の人身売買」と断罪した米下院慰安婦決議、世紀の冤罪に
    *29:【歴史戦 第6部 「主戦場」米国(5)】 中国が正面に 狙いは「日米離反」 終わらない「慰安婦」糾弾
    *30: How Asahi Shimbun assessed its coverage of ‘comfort women’ issue
    *31: Editorial: Asahi Shimbun should explain coverage of ‘comfort women’ issue
    *32: 朝日の慰安婦検証記事への疑問 日本文化大学学長・大森義夫