『イムラン先生のみんなの英会話』発売

英会話をあきらめる前に読む本!

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役:堤丈晴)は英語学習初心者向けに、使いやすい英語表現を対話形式で集めた英会話教材『イムラン先生の みんなの英会話』を発売しました。 オンラインで延べ12万人の登録者を誇る動画「英語一日一言」を運営しているイムラン・スィディキ氏と、英会話スクール「コペル英会話」の講師陣(シモン先生、シロウ先生、マナ先生)がリアルな対話を再現し、解説。まるで英会話クラスで授業を受けているような感覚で学べます。

本書は「コペル英会話」で使用されているテキストと同様の形式で、ネイティブとの会話でよく出てくる34シーンを厳選して収録しており、定番フレーズのスマートな活用法の解説をはじめ、正しい発音を確認できるMP3形式の音声ファイルがついています。相手に通じる基本的な英会話を無理なくマスターできる構成になっているので、これまで何度も挫折してきた学習者に最適な一冊です。

【CONTENTS】

Chapter 1「はじめまして」ではじめよう
はじめて会った人とのあいさつ、自分のことを説明する表現など、やさしい英会話の基本をマスター。

Chapter 2 定番トピックを話そう
英会話にいつも決まって出てくる話題を押さえて自分なりの答えを用意する。

Chapter 3 楽しく会話を広げよう
ただ聞くだけではなく質問したり答えたり、相づちを打ったりなど会話を広げる。

Chapter 4 色々な表現を知ろう
頼みごとをする、お勧めを教えてもらう、誘いかけるなど、自分から積極的に話しかける表現を身に付ける。

Chapter 5 ちょっとレベルアップ
定番のトピックだけではなく、もっと踏み込んだ話をする機会にも対応できる少し難しい表現に挑戦。

各Chapterでは外国人とのコミュニケーションの際に、直面しがちな状況やトピックを丁寧に紹介。収録シーンの対話ごとに和訳とポイントとなる文を取り上げており、ネイティブならではの話の流れの作り方はもちろん、頻出の語彙やリアルで今時な会話表現が自然と身につきます。

対話例文を読むだけでも役立ちますが、下の解説ページのように、自分ならこんなことを言いたい、同じ内容をもっと違う言い方で工夫してみたい、という読者のために、「言ってみよう!」「ステップアップ!」の2つのレベルアップタスクも用意されています。

The Japan Times BOOK CLUBで特典動画も公開中です。

■商品概要■

商品名:『イムラン先生のみんなの英会話』
発売日:2014年11月中旬より全国の書店にて
順次発売
定価:1,620円(税込)
体裁:A5型・並製・168ページ・本文2色
ISBN: 978-4-7890-1583-7
音声ファイル(MP3)のダウンロードURL:
http://bookclub.japantimes.co.jp/minnano/

◆著者プロフィール◆
イムラン・スィディキ
1976年生まれ。コペル英会話教室オーナー校長。上智大学大学院時代にさまざまな英会話スクールで教え、人気講師となる。大学院卒業後、青山監査法人に就職するも、英会話スクール業界への改革を志し、2003年にコペル英会話教室を設立。mixiコミュニティ「英語英会話一日一言」は約10万人のメンバーが登録するメガコミュニティとなる。
YouTubeでの英語講座が反響を呼んでいるほか、英語教材の開発や英語学習書の執筆など、多方面で活躍中。著書に、『これを読むまで英語はあきらめないでください』(大和書房)、『英語は一日一言覚えれば話せます』(クリタ舎)などがある。

【「コペル英会話」について】

「英語を誰にも諦めて欲しくない!」というイムラン・スィディキ氏の強い想いで2003年に東京・麻布十番開校した英会話スクール。超初級者から上級レベルまで、さまざまなカリキュラムが組まれ、しっかりと英語の文法、単語、表現のニュアンスが学べる。キャッチコピーは「うちでダメなら英語は諦めてください」。

【「The Japan Times」について】

「The Japan Times」は国内で最大の販売部数を誇る英字新聞であり、多様で独自性のある日本関連の英文ニュースを提供しています。1897 年の創刊以来、政治、経済、文化、社会およびスポーツ報道を通じ、日本を世界に発信する役割を果たしてきました。2013 年 10 月からは「The Japan Times / International New York Times」の名称で、世界のクオリティーペーパーとして名高いニューヨーク・タイムズ紙国際版とセットで発行しています。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ジャパンタイムズ

<プレス関係の問い合わせ>
コーポレート・コミュニケーション部(福西)
03-3453-5312 pr@japantimes.co.jp

<商品に関する問い合わせ>
出版営業部(大野)
03-3453-2013 hiroyuki.ohno@japantimes.co.jp


PDF形式でダウンロードできます。