新書判 『ビジネス英語の新人研修Primeシリーズ』 「女子のためのフレーズ」「電話のプレーズ」同時発売!

<iPhoneアプリ&MP3音声付き英語学習書>

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役:堤丈晴)は、ビジネス英語初心者向けに『ビジネス英語の新人研修Primeシリーズ』第1弾「女子のためのフレーズ」、第2弾「電話のフレーズ」を発売しました。本書2点は、昨年12月に発売し、アプリ付きの新書判書籍として好評を得た『TOEICR TEST 鉄板シーン攻略シリーズ』に続く、英語学習新書です。

本シリーズの最大の特徴は、発音練習に最適なiPhoneアプリとMP3形式のダウンロード用音声ファイルが無料で付いている点で、これらと書籍を合わせて繰り返し学習することで、より高い学習効果が得られます。

シリーズ名に使われている英語、Primeには「最良な、最重要な」のほかに「基礎的な」という意味もあります。その名の通り、シリーズ全体を通して、ビジネス英語の基礎的で最も重要度の高いフレーズを選び抜いて掲載しています。持ち運びやすい新書サイズで、通勤途中などのすきま時間の英語学習に最適です。

 

『ビジネス英語の新人研修Prime 1 女子のためのフレーズ』 (上野陽子著)

働く女性の目線で、オフィスで英語を話す際の基本フレーズを丁寧に解説。ビジネスの重要シーンを7つに分け、7日間で研修が終了する構成になっています。各章の最後にはビジネスに役立つミニコラムも掲載しました。ビジネス英語を学ぶ第一歩として、男性にもお薦めの一冊です!

 

『ビジネス英語の新人研修Prime 2 電話のフレーズ』 (デイビッド・セイン著)

電話応対の定番フレーズを状況別・見開き構成で掲載。左ページには必ず覚えてほしい3つの「Primeフレーズ」(音声では男性の声)右ページには応用の「ステップアップフレーズ」(音声では女性の声)が収録されており、自分のペースに合わせた学習が可能です。iPhoneアプリやMP3の音声で繰り返し声に出して練習することで、電話応対の苦手意識を軽減できます。

 

【商品概要】

■商品名:

『ビジネス英語の新人研修Prime1 女子のためのフレーズ』
『ビジネス英語の新人研修Prime2 電話のフレーズ』
※今後、Primes 3『メールのフレーズ』、Prime 4『ミーティングのフレーズ』、
Prime 5『敬語』を順次発行予定。

■無料iPhoneアプリと音声ファイル(MP3)のダウンロードURL: http://bookclub.japantimes.co.jp/prime/

■発売日: 2014年3月下旬より全国の書店にて順次発売
■定価: 各998円(5%消費税込み)
■体裁: 新書判・並製・本文2色
■頁数: 「女子のためのフレーズ」224ページ・「電話のフレーズ」192ページ
■ISBN:  978-4-7890-1555-4(女子のためのフレーズ)、978-4-7890-1553-0(電話のフレーズ)

◆著者プロフィール◆

上野陽子 [Yoko Ueno]

ボストン大学コミュニケーション学部修士課程ジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社の国際金融情報部、出版社、海外通販会社執行役員を経て独立。雑誌のコラム連載や媒体プロデュース、スヌーピーの『ピーナッツ』の翻訳等を手掛ける。主な著書に『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)、『コトバのギフト』(講談社)、『1 週間で英語がどんどん話せるようになる26 のルール』(アスコム)などがある。

 

デイビッド・セイン [David Thayne]

アメリカ出身。日米英会話学院などでの豊富な教授経験を活かし、英会話に関する書籍を中心に執筆。主な著書に『敬語の英語』(ジャパンタイムズ)、『英会話の9 割は中学英語で通用する』(アスコム)、『デイビッド・セインのネイティブに必ず伝わる日常英会話辞典』(ナツメ社)など。英語を中心としてさまざまな企画を実現するエートゥーゼットを主宰。

 


【「The Japan Times」について】

「The Japan Times」は国内で最大の販売部数を誇る英字新聞であり、多様で独自性のある日本関連の英文ニュースを提供しています。1897 年の創刊以来、政治、経済、文化、社会およびスポーツ報道を通じ、日本を世界に発信する役割を果たしてきました。

2013 年 10 月からは「The Japan Times / International New York Times」の発行が開始になり、117 年間の歴史の中で新たなステップを歩み始めました。世界のクオリティーペーパーとして名高いニューヨーク・タイムズ紙国際版とのセット発行により、今後もさらに魅力ある英文ジャーナリズムを目指し、読者の方々に満足していただける商品を提供します。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ジャパンタイムズ

<プレス関係の問い合わせ>
コーポレート・コミュニケーション部(福西)
03-3453-5312
pr@japantimes.co.jp

<商品に関する問い合わせ>

出版営業部(大野)
03-3453-2013
hiroyuki.ohno@japantimes.co.jp

 


PDF形式でダウンロードできます。