『The Japan Times報道デスク発 グローバル社会を生きる女性のための情報力』発売中

ジャパンタイムズの報道部を率いてきた大門小百合が情報処理の秘訣を伝授!

 株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤丈晴)は、同社編集・デジタル事業担当の執行役員、大門小百合著『The Japan Times報道デスク発 グローバル社会を生きる女性のための情報力』を発売しました。
 英字新聞社の記者やデスク(=編集者)の日々の仕事には、情報収集、現場取材、外国人スタッフとのコミュニケーション、人的ネットワークの構築、事実を端的に伝える英文の書き方、外国人に誤解されない日本の事象の伝え方など、さまざまなスキルが詰まっています。
 本書では、ジャパンタイムズで政治、経済担当の記者、報道デスクを歴任してきた大門小百合が、これまで20年以上の業務を通して体得した報道のプロとしてのスキルを、具体的なエピソードを交えながら紹介しています。半数以上が外国人読者である「The Japan Times」の報道デスクとして、英語を使いながら情報をインプット・アウトプットし、外国人スタッフと意見を交わしつつ紙面を作り上げていく過程では、日本が世界からどのように見られているかを常に意識する必要があります。そのようなグローバルな視点をもつ大切さについても、著者の経験を通して言及しています。
 また、英語を習得した経緯、学生時代や社会人留学のエピソードを披露しているほか、ワーキングマザーとして育児と仕事を両立するためにしてきたさまざまな工夫にも触れており、グローバル社会を生きるビジネスパーソン、特に女性にとって、ヒントになる情報に富んだ一冊となっています。

【CONTENTS】
Chapter 1  英字新聞の仕事って?
Chapter 2  情報はこうキャッチする
Chapter 3  現場に飛び込む
Chapter 4  ネットワークを作る
Chapter 5  英文記事のABC
Chapter 6  日本を発信する
Chapter 7  世の中の半分は女性
Chapter 8  発信力はどう高める?――自分へ投資

■商品概要■ 
商品名:『The Japan Times報道デスク発 グローバル社会を生きる女性のための情報力』
発売日:2013年12月上旬より全国の書店にて順次発売
定価:1,470円(税込)
体裁:四六判・並製・224ページ
ISBN: 978-4-7890-1550-9

◆著者プロフィール◆
大門小百合[だいもん・さゆり]
上智大学外国語学部卒業後、ジャパンタイムズ入社。2000年、ニーマン特別研究員として米・ハーバード大学にてジャーナリズム、アメリカ政治を研究。2005年にはサウジアラビアの王立研究所に研究員として招聘される。報道部の政治・経済担当の記者を経て編集デスクとなり、2006年から報道部長、2008年から編集局次長。2013年10月より執行役員編集・デジタル担当となり、「The Japan Times」116年の歴史の中で初の女性編集責任者に就任。


【「The Japan Times」について】
「The Japan Times」は国内で最大の販売部数を誇る英字新聞であり、多様で独自性のある日本関連の英文ニュースを提供しています。1897年創刊以来、政治、経済、文化、社会及びスポーツ報道を通じ、日本を世界に発信する役割を果たしてきました。
2013年10月16日からは「The Japan Times / International New York Times」の発行が開始になり、116年間の歴史の中で新たなステップを歩み始めました。世界のクオリティペーパーとして名高いニューヨーク・タイムズ紙国際版とのセット発行により、今後も更に魅力ある英文ジャーナリズムを目指し、読者の方々に満足していただける商品をご提供します。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ジャパンタイムズ           
<プレス関係の問い合わせ>              
コーポレート・コミュニケーション部(福西)
03-3453-5312 pr@japantimes.co.jp

<商品に関する問い合わせ>
出版営業部(大野)
03-3453-2013 hiroyuki.ohno@japantimes.co.jp

 


 

PDF形式でダウンロードできます。